忍者ブログ
きままな生活についてつづっていきます
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不毛地帯 第10話 恋と野望

壹岐正(唐沢寿明)と秋津千里(小雪)は再会を果たしましたね。壹岐が個展へ行くと、千里が迎えてくれます。気に入った壺を購入しました。壹岐がニューヨークへ行くと、千里もついていきました。レストランで食事をして、ダンスを踊ります。下手だけど、良い雰囲気!

別れが近づいたとき、千里はアパートへ行きたいと言い出し、壹岐は応じました。NYへ持ってきた千里の壺を見せて、抱きしめあいました。朝になって、千里はそそくさと帰っていきます。もうすぐ再婚してしまいそうですね。

直子(多部未華子)には子どもが生まれていますが、夫の倫敦(石田卓也)は帰りが遅く、鮫島辰三(遠藤憲一)夫妻は孫に会ってくれないようで、さびしそう。直子が千里のパトロンの話を始めたら、壹岐は動揺していました(笑)

仕事の方は、激しい戦いが開始です。千代田自動車とフォークの提携の話を進めながら、次期社長候補の争いが始まります。里井副社長(岸部一徳)VS一丸副社長(山田明郷)。壹岐は、里井に協力するようで、少し丸くなったみたい。しかし里井は、提携話を白紙に戻そうとしています。次回も見逃せませんね!

高島屋

PR
坂の上の雲 第3回 国家鳴動

秋山真之(本木雅弘)は海軍に入りながらも、松山のお囲い池へ真っ裸で入る鎮台さんをおぱらったりと無茶をします。父親の久敬(伊東四朗)が亡くなって、落ち込む貞(竹下景子)を、炒り豆を食べて、おならで笑わせました。けっこう面白い人みたい(笑)

正岡子規(香川照之)は血をはきますが、俳句の道を極めようとします。陸羯南(佐野史郎)は良い人ですね。雇ってくれただけでなく、東京へやってきた八重(原田美枝子)律(菅野美穂)の家の面倒までみてくれました。真之と律は恋仲にならなかったのは予想と違ってました(笑)

秋山好古(阿部寛)はフランスから帰国し、騎兵部隊を作ろうとしています。児玉源太郎(高橋英樹)が結婚の心配をしてくれて、多美(松たか子)と結婚することになりましたね。好古は35歳になったそうです。当時としては晩婚だったのかな?

後半では、東郷平八郎(渡哲也)伊藤博文(加藤剛)陸奥宗光(大杉漣)川上操六(國村隼)山県有朋(江守徹)が登場し、一気に日清戦争へと進んでいきました。薩摩弁の渡哲也、ヒゲをはやした加藤剛は貫禄がありましたね。

ウェルかめ 第11週 あっちもこっちも

浜本波美(倉科カナ)の前に、勝乃新(大東俊介)が帰ってきました。佐古(長塚圭史)のプロポーズはどうなるんでしょう?勅使河原(益岡徹)がNYへ行くことになり、吉野(室井滋)に相談しようとしますが、切り出せません。

秋祭りでお客さんがたくさん来たのに、加代(羽田美智子)がぎっくり腰になってしまいます。哲也(石黒賢)航(森永悠希)それに泰三(芦屋小雁)までが加わって、てんてこまいです(笑)

事情を知った吉野が、波美を美波町へ行かせてくれました。はまもと荘へ帰った波美は大忙し!綾(田中こなつ)も手伝ってくれて、なんとかこなします。

佐古がはまもと荘へやってきました。秋祭りの取材に来たというのです。さらに勝乃新もやってきます。一平(武田航平)も交えて、3人が波美の周りに集まりました。佐古は浜辺で「僕と一緒にパリへ行ってくれないか?君のそばにいて欲しい。パリへは僕の人生のパートナーとして行って欲しい。君が好きだ」とプロポーズ。もう波美は答えを出さないといけませんよね。

高島屋

坂の上の雲 第2回 青雲

秋山好古(阿部寛)秋山真之(本木雅弘)正岡子規(香川照之)がそれぞれ別の道を歩き始めましたね。

好古は、陸軍大学校へ進み、ドイツ陸軍の参謀将校メッケル少佐から教えを受けます。児玉源太郎(高橋英樹)も面白い人物みたいです。やがてフランスへ留学することになります。馬が走りシーンが絵になってましたね。

真之と子規は大学予備門へ合格します。夏目漱石(小澤征悦)が登場して、野球を楽しんでいました。ところが真之は突然に予備門をやめて、海軍兵学校へ入校。子規に手紙しか置いていかないのは冷たいですね。広瀬武夫(藤本隆宏)という個性的な人物も登場です。子規は、俳句というものに出会いますが、俳人となる決意はまだのようでした。

真之と律(菅野美穂)の恋は、律が結婚して悲しい別れかと思ったら、律がはやくも離婚して、新たな展開が生まれそうです。好古と多美(松たか子)はまだ恋愛に発展しそうにありませんね。

不毛地帯 第8話 愛妻の死!

佳子(和久井映見)の死は突然で、あまりに切ないですね。壹岐正(唐沢寿明)がシベリアが戻ってくるのを11年間も待ち、幸せな家庭が戻ると思っていたと思います。ところが壹岐は商社マンとして猛烈に働き、家庭をかえりみません。

パーティには、新しい着物で現れたものの、里井副社長(岸部一徳)が壹岐を怒鳴るシーンに遭遇しました。そして千里(小雪)に妖しいものを感じたのではないでしょうか。街で壹岐と別れた後、佳子は交通事故で去っていってしまいます。路面電車が通るきれいなシーンだっただけに、印象が強烈でしたね。

誠(斎藤工)を送り出した後で、1人で泣く直子(多部未華子)がかわいそう。壹岐は谷川(橋爪功)に「自分が佳子を殺してしまった」と話し、涙します。ニューヨークへ行くことになった壹岐は、佳子の死を乗り越えられるのでしょうか?

| prev | top | next |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
そよ風
性別:
非公開
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny