忍者ブログ
きままな生活についてつづっていきます
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天地人 第41回 上杉の生きる道

上杉家は1/4に石高を減らされ、米沢へ移ってきました。直江兼続(妻夫木聡)は厳しい顔ですが、家臣たちはさばさばしています(笑)開墾に家臣も加わって欲しいと兼続は頼みますが、誰も名乗りをあげません。桜井晴吉(松尾諭)が引き受けると言ってきました。頼りになりますよね。

直江家の家督問題は竹松(加藤清史郎)にショックを与えました。お松(逢沢りな)はお船(常盤貴子)からの文で納得してくれましたが、竹松は行方不明に。樋口惣右衛門(高嶋政伸)がうまく説得してくれます。加藤清史郎くんは、与六と竹松のニ役をよく演じてましたね。演じ分けとか考えたのか気になります。娘のお貞(緑友利恵)の祝言を決めた惣右衛門はやがて去っていきます。よし(西原亜希)との絡みが面白かったです。

上杉景勝(北村一輝)に仙桃院(高島礼子)が、菊姫(比嘉愛未)が側室を持つよう伝えてきたと話します。次回も見逃せませんね。

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
天地人 第41回「上杉の生きる道」
今回の天地人は人間模様をすごく表現していて、戦のシーンに頼らない人間そのものの心を表現している自分にとってあるべき大河ドラマであったと思います。徳川の世の中が到来し日本が家康によって平定されようとしている今、兼続や上杉にとって次の生き方を模索しもがいている苦しい時代でした。 上杉は、会津から米沢へ移され石高が下がってしまったにも関わらずほぼすべての家臣を引き連れて米沢へ移動します。重臣たちも一つの建物に複数の家族が一緒に住み、苦しい家計を何とかやりくりする必要がありましたが、それなりに楽しい生活...
あしたまにあーな  2009.10.12  20:41
【大河ドラマ】天地人 第41回「上杉の生きる道」
この回って要るの?(´・ω・`)【今回の流れ】・兼続や上杉の家臣・民達が米沢に入る 景勝の配慮で、謙信の亡骸もひっそり米沢へ・景勝が米沢に入る 兼続が開墾を提案するも乗り気のしない家臣達 兼続と愉快な仲間達のひとり、重臣の桜井が引き受けることに・兼続の娘...
山南飛龍の徒然日記  2009.10.12  21:46
200年も続いた財政赤字!!
いよいよ米沢に入る上杉{/hiyo_do/} 家臣に頭を下げる景勝ですが謙信の後を継いだ事が 景勝の不運だったのかも知れません{/kuri_5/} あまりにも偉大な謙信の後は誰が継いでも無理だっ たかも知れませんね{/m_0152/} そういう意味では少し景勝にも同情的な僕なのです{/hearts_pink/}{/heartss_pink/} これから敗戦国の悲哀を味合うのでしょうが、しか し兼続の真骨頂はこれからです{/face_fight/} 内政こそ兼続の得意中の得意。 兼続がいたからこそ上杉家の...
函館 Glass Life  2009.10.14  10:23
| prev | top | next |
| 38 | 37 | 36 | 35 | 34 | 32 | 30 | 29 | 28 | 27 | 26 |
フリーエリア
プロフィール
HN:
そよ風
性別:
非公開
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
P R
カウンター
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny